脱毛 日焼け

脱毛中にもっとも気をつける必要があるのは日焼け

照りつける太陽

ちょっとくらいなら大丈夫かな・・・と気が緩んだら、思わぬ事態で脱毛スケジュールが遅れる羽目になるかもしれません。

 

何の話かというと、日焼けについてです。脱毛サロンに通っている間は、紫外線でその部分の肌を焼くことは御法度といえます。

 

日焼けをしすぎて真っ赤っかになっていなく、ちょっと肌の色が濃くなったかな、というレベルの日焼けでも施術を断られることがあります。

 

実際、有名脱毛サロンでは日焼けした場合の対応はこんな感じです。

 

 

顧客とのトラブルはサロンが最も避けたいことのひとつなので、各社少しでも日焼けしていたら施術をしない、というスタンスをとっているのがわかります。

 

かなり予防線を張っている感じですね。

 

事実、エステサロンが使用しているフラッシュ脱毛器は、メラニン色素に反応する特性から日焼けがあると本当にリスクが大きくなります。


光脱毛器が過剰に反応するリスク

言うまでもないかもですが、日焼けとは紫外線によって肌の中でメラニン色素が大量につくられ、肌が黒くなってしまう現象ですよね。

 

メラニン色素とは方間の身体にある「黒い」部分にはほぼ含まれているといって差し支えない物で、もちろん髪の毛や体毛にもたくさんあります。

 

フラッシュ脱毛とは肌に特殊な光を照射することで毛や毛根のメラニン色素に反応させ、ダメージを与え、徐々に弱らせて毛を減らしていくメカニズムです。

 

これがもし、日焼けによって肌にたくさんあるメラニン色素に反応してしまったら?

 

普段は反応することがない部分にフラッシュのエネルギーが当たることで、痛みが強くなったり、ひどい場合はヤケドの危険もあります。

 

特に日焼けしたら肌の水分が失われカサカサ乾燥した状態になり、より痛みが強くなってしまいます。だから、もし日焼けをしてしまったらよく冷やして水分を与え、肌が元の状態に戻ってから施術をする必要があります。

 

紫外線は年で言えばUV-Aが5月から6月、UV-Bが7月から8月にもっとも多くなると言われています。

 

特にこの時期にまたがる場合は、日焼け止めや帽子、日傘、服装などに気を遣って極力肌を焼かないように気をつけましょう。