子供 脱毛 何歳から

子供が脱毛に通う場合の年齢制限は

中学生の女性

 

ムダ毛の悩みは、大人だけのものではありません。

 

中学生、あるいは小学生といった子供でも、クラスメートより、友達より毛深いことに悩む人がたくさんいます。

 

幼稚園や小学校に行くようになると、子供は同年代の友達と遊ぶことが多くなりますよね。

 

そんな時、子供は大人に比べてストレートな部分があり、あまり深く物事を考えずに思ったことをそのまま口に出してしまうことがよくあります。

 

グサッと突き刺さる言葉

例えば、「あ〜、○○ちゃん、足に毛が生えてるー」とか「○○ちゃんの腕、どうしてそんなに毛が濃いの?」といった言葉をストレートに発してしまうことだってあるのです。

 

何気なく発した素直な発言かもしれませんが、そんなことを言われてしまった子供は深く傷ついてしまいます。そのため、ムダ毛を気にするあまり体育やプールの授業を嫌がるようになる子も少なくありません。

 

また、毛深いことをからかわれてしまったり、それが原因でいじめられるようなったりする子供もいます。

 

大人からみると、「そんなささいなことで」と思うかもしれませんが、子供にとっても毛深いことは深刻な悩みになり得るということを理解してあげるのが第一歩です。

 

子供を脱毛サロンに通わせる親が増えている

パソコンを見る親子

 

子供であってもムダ毛が濃いことがあります。そしてそのようなムダ毛を子ども自身が気にしているなら脱毛サロンに通わせても問題はないかもしれません。

 

子供の場合怖いのは、それが冷やかしやいじめの原因になりかねないことです。ただ人より毛が多いだけで、子供さんの未来まで影響するトラウマを抱えるのは辛すぎることです。

 

大人と違ってムダ毛の処理も自分でキレイに、とはいきませんし、ムダ毛であまりにも悩んでいるなら、いっそのこと脱毛に通ってしまうというのも方法のひとつ。

 

実際、施術内容では子供でも何ら影響がないことをアピールするサロンもあったり、それこそ子供の脱毛に特化した機器を備えているところも。

 

しかし親が子供に美しくあってほしいという気持ちが先立ってしまい、半強制的に脱毛サロンに通わせるなら子供はストレスを抱えてしまうことがあります。

 

痛みが少ないことで知られている光脱毛であってもチクッとした軽い痛みを感じます。このようなものは大人にとってみればなんともないことかも知れませんが、子供には大きな痛みとして認識されてしまうこともあります。

 

また子供の肌は大人の肌よりも敏感で弱いことも多く、それゆえに脱毛がきっかけで肌荒れが生じてしまうこともあります。そのため親は子供を脱毛サロンに通わせるときは十分に気遣うべきだと思います。

 

おもな脱毛サロンの年齢制限について

脱毛サロンの年齢制限は様々です。中には3歳でも施術を行ってくれるという脱毛サロンもありますが、13歳から15歳以上が一般的です。

 

脱毛に年齢制限が設けられている理由は成長段階にある体に脱毛が影響を及ぼすことがあるからです。子供の体は徐々に成長していきます。そして成長途中の体は安定してホルモンを分泌することができません。

 

ホルモン分泌が不安定な状態で毛根を弱らせる施術を行ったり、その周辺にある肌組織や汗腺を刺激することは健康に悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

もちろん脱毛サロンでは体に負担をかけないよう、細心の注意を払って施術を行ってくれます。また人によって体質が異なるために、幼い頃に脱毛しても問題のない人も大勢います。

 

それでもホルモンの分泌が安定する年齢に達してから脱毛するほうが安全性が増します。こうした理由から多くの脱毛サロンは年齢制限を設けているのです。

 

ちなみに有名脱毛サロンのミュゼは年齢制限を設けていないものの、未成年は6回までと回数制限を設けています。このような仕方で子供の体にかかる負担がしっかりと考慮されているのです。

 

親権者の同意書が必要になる

どの脱毛サロンでも未成年者が脱毛の契約をする場合、親権者の同意書が必要になります。

 

ホームページを有する脱毛サロンなどでは同意書をダウンロードすることができ、それをプリントアウトして必要事項を記入し、捺印すれば子供の脱毛の許可が降ります。

 

さらに念押すサロンも

しかし中には同意書だけに限らず、親同伴でなければ未成年者の施術を行ってくれない脱毛サロンもあります。少し厳しい気もしますが、親が本当に子供に脱毛させることを望んでいるのかを確認するうえでは確実な方法です。そのためこのような手順を要求してくる脱毛サロンは逆に信用できるともいえます。

 

また同意書に持病や服用している薬を知らせる欄がない場合、親はそのことをカウンセリングの際に口頭で告げるべきです。

 

またもし事前に子供の体が脱毛を受け入れられる状態にあるのかを知りたければ、パッチテストを受けることが出る脱毛サロンも存在しますのでそのようなところを選び、テストを受けてから施術を受けるかどうかを決定することができます。

 

いずれにせよ子供の体は非常に敏感であるために、親として細心の注意を払うべきですね。

 

子供の脱毛で人気(需要の多い)部位とは

子供の脱毛部位で人気が高いのは、「ヒジ下」や「ヒザ下」です。これらの部分が人気の理由としては、スカートをはいたり、半袖になったりした時によく見える部分だからです。

 

また、最近では首から背中にかけての部分も子供の脱毛で需要が多い部位といわれています。

 

普段は見えない部位ですが、水着になったり、レオタードを着たりする時によく見える部分ですから、バレエや水泳などの習い事をしている子供たちに特に人気の高い脱毛部位となっています。

 

子供でも脱毛できる「ディオーネ」のハイパースキン脱毛

ディオーネ

 

実は最近は子供でも脱毛できるサロンもあります。脱毛サロン「ディオーネ」などがそうです。

 

「ディオーネ」が採用している脱毛方式はハイパースキン脱毛ですが、この脱毛方式はもともと子供でも脱毛ができるようにと開発されたものです。

 

従来の脱毛方式と比較して、痛みをほとんど感じることがない脱毛方法ですので、学校に入る前の小さな子供でも受けることが可能だと言われています。

 

脱毛サロンで行われている通常の光脱毛は、高熱で毛根部分を焼き切る方法ですので、「痛くない」とはいわれているものの、多少の刺激は感じます。

 

しかし、ハイパースキン脱毛は、高熱によって脱毛処理をするのではなく、休止期の毛が成長しないようにストップをかけることで脱毛していく方式なので、痛みがありません。

 

ディオーネでは10代向けのコースがあり、保護者が同伴して子供と親が脱毛を受けることに同意すると、中学生未満でも脱毛を受けることができます。

 

手軽にできる除毛ジェル・クリームでの処理

また、必ず脱毛サロンに通う必要はありません。場合によってはご家庭でできる方法でムダ毛を効果的に処理することもできます。

 

家庭でできるムダ毛の処理の方法としては、カミソリや電気シェーバー、脱毛ワックスなどがありますが、中でもオススメなのは除毛ジェルや除毛クリームでのお手入れです。

 

子供の肌は大人に比べてデリケートですので、カミソリはカミソリ負けの原因となってしまいますからオススメできません。

 

脱毛ワックスはとにかく痛いので、子供のムダ毛処理には向いていませんし、電気シェーバーも生えてきた毛がチクチクするので、子供にはあまり向いていません。

 

その点、除毛ジェルや除毛クリームは痛くないですし、生えてきた毛もチクチクすることがありません。しかも、手軽にできますから、子供用のムダ毛処理には最適といえるでしょう。

 

大事なのは肌へのやさしさ

除毛ジェルや除毛クリームは、肌表面に生えている毛を溶かすことにより処理ですので、「子供の肌には負担になるのでは?」と感じるかもしれませんが、最近は敏感肌の人でも安心して使えるような肌にやさしいタイプのものも多数ありますので、そのようなものを選ぶようにするといいでしょう。

 

万が一ということを考えて、最初は子供の肌の目立たない部分でパッチテストを行って、問題がないようであれば使用するといいと思います。

 

子供は親が自分の悩みを真剣に聞いてくれて、一緒にどうしたらいいか考えてくれるということが分かると安心してストレスがかなり軽減されるものです。

 

子供と話し合って毛深いことがコンプレックスになっていたり、それが原因でよくからかわれていることが分かったりした場合は、一緒にムダ毛の処理について考えてあげましょう。