子供 脱毛 何歳から

子供さんが脱毛にふつうに通う時代に

中学生の女性

 

ムダ毛の悩みは、大人だけのものではないんですよね。

 

実際小学生から中学生の年代は、ヒゲが濃くなったり手足が妙に毛深くなることがよくあります。

 

思春期の生理現象に近いので仕方がなくても、デリケートな年頃は気になるもの。

 

また、子供は大人に比べてストレートなので、物事を深く考えずに口に出してしまうことがよくありますよね。

 

「○○○って、毛多くない?」

 

そんなことを言われたら心にダメージを負ってしまいます。

 

そしてムダ毛を気にして体育やプールの授業を嫌がるようになるお子さんも少なくありません。

 

毛深いのを茶化されたりイジメのきっかけになる可能性もあります。

 

ムダ毛のせいで子供さんの性格や人生にまで悪影響があったら、親としてそんな辛いことはないですよね。

 

子供の脱毛は大人にはない配慮が必要

パソコンを見る親子

 

親世代からしたら、え、子供で脱毛サロン?と思う方も多いかもしれません。

 

ただ現実に、子供さんを脱毛に通わせる家庭がふえてきています。

 

理由は上述したコンプレックス的なものに加え、脱毛に通うことが昔よりオープンになったのが最も大きいですね。

 

そしてサロン側も、子供専用プランを用意していたりします。

 

施術内容では子供でも何ら影響がないことをアピールしたり、それこそ子供の脱毛に特化した脱毛機を備えているところも。

 

ただやっぱり大人と子供では同じように考えてはいけない部分があるのも事実。

 

たとえば痛みの問題ですね。

 

痛みが少ない光脱毛であっても、施術時はチクッとした軽い痛みがあります。

 

大人にとってみればなんともないことかも知れませんが、子供には大きな負担になってしまうことも十分にあります。

 

また、子供の肌は大人の肌よりも敏感で弱いことも多く、脱毛がきっかけで肌荒れになることも。親は子供を脱毛サロンに通わせるときは十分に気遣うべきです。

 

脱毛サロンの年齢制限にも注意

脱毛サロンの年齢制限は13歳から15歳以上が一般的です。

 

脱毛に年齢制限が設けられている理由は、成長段階にある体に脱毛が影響を及ぼすことがあるからです。

 

成長途中の体は安定してホルモンを分泌することができず、何かと不安定になりがち。

 

ホルモン分泌が不安定な状態で毛根を弱らせる施術を行ったり、その周辺にある肌組織や汗腺を刺激することは健康に悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

以下は主要脱毛サロンの年齢制限です。

 

各脱毛サロンの年齢制限

ミュゼ ここに説明文を入力
銀座カラー ここに説明文を入力
ジェイエステ ここに説明文を入力
キレイモ ここに説明文を入力
脱毛ラボ ここに説明文を入力
シースリー ここに説明文を入力
ラ・ヴォーグ ここに説明文を入力
TBC ここに説明文を入力
エピレ ここに説明文を入力
レイビス ここに説明文を入力

 

もちろん脱毛サロンでは体に負担をかけないよう、細心の注意を払って施術を行ってくれます。

 

また人によって体質が異なるために、幼い頃に脱毛しても問題のない人も大勢います。

 

それでもホルモンの分泌が安定する年齢に達してから脱毛するほうが安全性が増します。こうした理由から多くの脱毛サロンは年齢制限を設けているのです。

 

親権者の同意書が必要になる

どの脱毛サロンでも未成年者が脱毛の契約をする場合、親権者の同意書が必要になります。

 

サロンのホームページから同意書をダウンロードすることができ、それをプリントアウトして必要事項を記入し、捺印すればOKです。

 

しかし中には同意書だけに限らず、親同伴でなければ未成年者の施術を行ってくれない脱毛サロンもあります。

 

少し厳しい気もしますが、親が本当に子供に脱毛させることを望んでいるのかを確認するうえでは確実な方法です。

 

そのためこのような手順を要求してくる脱毛サロンは逆に信用できるともいえます。

 

また同意書に持病や服用している薬を知らせる欄がない場合、親はそのことをカウンセリングの際に口頭で告げるべきです。

 

事前にはパッチテストをしっかり行うのも必須です(このあたりは黙っていてもカウンセリングで案内があると思いますが)。

 

子供の体は非常に敏感であるために、親として細心の注意を払うべきですね。

 

子供さんの脱毛で人気の部位は

実際、子供さんの脱毛で人気の部位はどこなのでしょうか?

 

まず人気が高いのはヒジ下やヒザ下です。人気の理由はスカートをはいたり、半袖になったりした時によく見える部分だからです。

 

最近では、首から背中にかけての部分も子供の脱毛で需要が多い部位ですね。

 

普段は見えない部位ですが、水着になったり、レオタードを着たりする時によく見られるのがこの部分。

 

特に、スイミングやダンス、ピアノ、バレエなどの習い事をしている子供たちに特に人気の高い脱毛部位となっています。

 

子供専用コースがある脱毛サロンはココ!

ディオーネ

ディオーネ

2ヶ月ぶんが無料
全身脱毛に顔脱毛もセット
他サロンから乗り換えで10,000円割引
吉本の芸人さんが多数出演するメンズリゼクリニック。ヒゲ脱毛は月々3,100円からと業界最安値になっています。メンズでも増えている全身脱毛も、月々13,000円からとエステよりは高いですが比較的ロープライス。男性の太い毛にも対応する脱毛機「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNeXT」「ジェントルヤグ」を導入、コースの途中解約も手数料無料でできるので安心です。
メンズリゼクリニックのプラン内容

料金 ■腕全体セット(1回/37,900円、5回/74,800円、コース終了後1回/15,680円)

■足全体セット(1回/67,900円、5回/119,800円、コース終了後1回/23,680円)
■ヒゲ全体セット(1回/36,600円、5回/99,800円、コース終了後1回/15,968円)
■全身脱毛(1回/199,900円、5回/298,000円、コース終了後1回/59,800円)

特典内容 エステから乗り換えで1部位1回2,980円
タイプ 美容皮膚科(クリニック)
脱毛機 ライトシェアデュエット、メディオスターNeXT、ジェントルヤグ
店舗

新宿院/渋谷院/大宮院/横浜院/大阪梅田院/心斎橋院/神戸院/三宮院/京都院/四条院/名古屋栄院/仙台院/広島院/福岡天神院/青森院/盛岡院/いわき院/郡山院/四日市院/京都院/伏見院

本院の住所

東京都新宿区歌舞伎町1-2-1 ナインティ新宿ビル 7F

詳細

ゴリラクリニック公式ページへ

 

子供でも脱毛できる「ディオーネ」のハイパースキン脱毛

ディオーネ

 

ディオーネが採用しているハイパースキン脱毛という脱毛方式は、もともと子供でも脱毛ができるようにと開発されたものです。

 

従来の脱毛方式と比較して、痛みがほぼない脱毛方法ですので、学校に入る前の小さな子供でも受けることが可能だと言われています。

 

脱毛サロンで行われている通常の光脱毛は、高熱で毛根部分を焼き切る方法ですので痛くないとはいわれているものの、多少の刺激は感じます。

 

しかし、ハイパースキン脱毛は、高熱によって脱毛処理をするのではなく、休止期の毛が成長しないようにストップをかけることで脱毛していく方式なので、痛みがありません。

 

ディオーネでは10代向けのコースがあり、保護者が同伴して子供と親が脱毛を受けることに同意すると、中学生未満でも脱毛を受けることができます。

 

除毛・抑毛ジェルやクリームも手軽に

また、必ず脱毛サロンに通う必要はありません。場合によってはご家庭でできる方法でムダ毛を効果的に処理することもできます。

 

家庭でできるムダ毛の処理の方法としては、カミソリや電気シェーバー、脱毛ワックスなどがありますが、中でもオススメなのは除毛ジェルや除毛クリームでのお手入れです。

 

子供の肌は大人に比べてデリケートですので、カミソリはカミソリ負けの原因となってしまいますからオススメできません。

 

そもそもカミソリなんて大人でも皮膚が傷つきます。

 

脱毛ワックスはとにかく痛いので、子供のムダ毛処理には向かないです。

 

電気シェーバーも皮膚にはやさしいですが、生えてきた毛がチクチク不快なのでストレスになります。

 

その点、除毛ジェルや除毛クリームは痛くないですし、生えてきた毛もチクチクしません。しかも、何といっても手軽なので子供用のムダ毛処理にはいいですね。

 

大事なのは肌へのやさしさ

除毛ジェルや除毛クリームは、肌表面に生えている毛を溶かすものです。

 

子供の肌には負担になるのでは?と感じるかもしれませんが、最近は敏感肌の人でも安心して使えるような肌にやさしいタイプのものも多数あります。

 

万が一を考えて、最初は子供の肌の目立たない部分でパッチテストを行って、問題がないか確認するべきです。

 

子供は親が自分の悩みを真剣に聞いてくれて、一緒にどうしたらいいか考えてくれるということが分かると安心してストレスがかなり軽減されるものです。

 

子供と話し合って毛深いことがコンプレックスになっていたり、それが原因でよくからかわれていることが分かったりした場合は、一緒にムダ毛の処理について考えてあげましょう。