夏に間に合う 脱毛

肌的な面と時期的な面を考えベストな始めどきは・・・

エステの光脱毛は、短期間で即効性の出る医療レーザーやニードル脱毛と比べても、最も肌に負担の掛からない脱毛法であり、徐々に毛根を刺激して減毛していく手法になるので、それなりの長期戦が必要です。

 

そして脱毛するのをなるべく避けたい時期は夏で、この時期は一番紫外線が降り注ぎ、健康な肌には悪影響ばかりしか残りません。それに加えて、光脱毛で刺激を与えてしまうと、肌ダメージが残り易くなります。

 

ですので、エステ脱毛の施術開始は夏の時期を避けるのが一般的です。

 

そして、エステ脱毛するうえで最も関係してくるのが毛が生え変わるサイクルとも言える毛周期です。実は体毛が生える箇所によって毛穴の大きさは違ってくるので、必然的に毛周期のサイクルもそれぞれ異なってきます。

 

従って1回の施術で完璧に脱毛を終えるのは、エステ脱毛では不可能です。

 

栄養たっぷりの成長期の毛を脱毛したとしても、毛穴の活動が止まる休止期のムダ毛までは手を付けられないので、次の発毛サイクルまで新しい毛が生え変わるのを待たないといけません。

 

このような事情から、エステ脱毛で目に見える効果を出すには少なくとも4〜8回程度と時間を掛けて通う必要があります。

やはり前年の秋がベスト

エステ脱毛は、紫外線が強く降り注ぐ真っ只中の夏に開始するのは常識外の事で、少し前の時期の4月か5月前後にスタートしても、回数が足りずに間に合わない可能性は大きいです。

 

それに早くも春から紫外線の量は一気に増えるので、施術後の肌にダメージを与えやすく、それによって毛穴も大きく開いて雑菌が入り易くなり、おまけに炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

ワキ脱毛を例にすると、エステの光脱毛だと個方差にもよりますが、4回目の施術前後から目に見えて毛量や毛質に変化が出てくるのが分かります。

 

ですので、思う存分夏の時期に肌を露出したいのであれば、夏や春先の施術を避ける事も考慮すると、前年の9月〜11月の時期に脱毛を始めると丁度良いタイミングで間に合わせる事ができるでしょう。

繁忙期はさらに予約が取りにくくなる

脱毛エステは 少しでも何か日焼けやニキビ等の肌トラブルを自分で作ってしまえば、その時点で施術を断るサロンが非常に多いです。

 

ですから一番自身の肌コンディションが良い時期を考えると、冬場の乾燥を避け、肌が元気な状態である夏に重点的に脱毛のピークを合わせようと顧客が殺到してしまいがちです。

 

また夏の時期は、脱毛サロン業界では薄着になる女性が多いのを見込んで、新規来店者を呼び込むのに必死になる時期です。

 

特に大手の脱毛サロンは、ワキ脱毛や全身脱毛をお値打ち価格にしたキャンペーンを大々的に行う事は恒例で、そのリーズナブルさに消費者は飛びつくケースが多く、どうしても予約が混んでしまうのです。

 

そういう側面で捉えても、エステ脱毛で毛周期に沿って確実に夏に成果を出したいなら、秋から冬が脱毛開始のベストタイミングと言えます。