脱毛 生理 足

施術日に生理が重なった・・・足脱毛で気をつけること

VIO以外なら生理中でも基本的に施術可能

VIO以外なら生理中でも施術してくれる脱毛サロンはあります。しかしムダ毛を脱毛することで多少なりとも肌に刺激が加わります。

 

そして生理中は肌が敏感になるために、普段はあまり感じない小さな痛みがより大きなものに感じてしまうことがあります。

 

その他にも生理中の脱毛には様々なリスクがあり、その点に関する説明がカウンセラーによってなされます。しかしこうした状況には個人差があるために、人によっては生理中であっても問題なく施術を受けることができます。

 

そのため施術前にしっかりとカウンセリングを受け、状況を把握しておくことが大切です。

 

生理中は肌が敏感になるので注意が必要

生理中の施術において一番注意する点は肌の状態です。先にも述べたように生理中は肌が非常に敏感になっています。

 

そのため痛みを感じやすくなっており、少しの刺激が大きなストレスを生じさせることがあります。それに加えて身体機能が低下することもあり、吹き出物が出たり肌荒れが生じることがあります。

 

そのような箇所の施術が難しくなり、効率よく脱毛することができなくなることもあります。

 

確かに生理中でも施術を行ってくれる脱毛エステや脱毛クリニックは存在します。そしてどの方法で脱毛を行うかは基本的に脱毛を希望する人にかかっています。

 

脱毛の種類は様々ですが、一番刺激が少ないとされているオーソドックスな脱毛法は光脱毛です。確かに効果の高いニードル脱毛や、気軽に行えるワックスによる脱毛なども人気があります。

 

しかしこれらは肌に与える刺激が強く、体調がよいときに行ってもある程度の痛みが生じます。肌が敏感になっている生理中にこれらの方法で脱毛を行うなら、肌に大きな負担をかけてしまうことになります。

 

このことは生理中の脱毛法をチョイスするうえで必ず考慮しなければならない点です。

 

ホルモンバランスの乱れで脱毛効果が半減することも

今現在、脱毛の主流となっているのが光脱毛です。特殊な光をムダ毛に当て、その光が毛根を弱らせて脱毛が完成されるという仕組みのこの脱毛法は多くの人から高い人気を得ています。

 

しかしこの脱毛法は皮膚上に現れているムダ毛に対してのみ効果を発揮します。ムダ毛には周毛期とよばれるサイクルがあります。ムダ毛が皮膚中で育ち、それが皮膚上に現れ、最終的に抜け落ちるのです。

 

そのため皮膚上に生えているムダ毛は全体のほんの一部であり、きれいにムダ毛を脱毛するためには全てのムダ毛が生えてくるのを待つ必要があります。

 

しかし生理中はホルモンのバランスが崩れるために乾燥肌が生じてしまいます。そしてこの乾燥肌が周毛期を乱してしまい、本来なら生えてくるはずのムダ毛が生えてこないことがあります。このような状況が生じると光脱毛の効果が半減してしまうのです。

 

もちろん体質はそれぞれ異なるために、生理中の脱毛の賛否をここで述べることはできません。しかし普段の体調と生理中の体調とが大きく子なる場合は脱毛サロンでの施術を先延ばしにしたほうが無難です。

 

自分では判断が難しいという場合はカウンセラーの意見を参考にその点を決定すべきです。