脱毛施術当日のケア

脱毛によるほてりを冷ますことが重要

ベッドで横になる女性

 

脱毛を受けると、機械から光が出るのと同時にもわっと温かい感じがしますよね。これは光が熱を放っているために起こります。

 

そのため肌は暫くの間、熱を持った状態になります。ですからサロンによっては、脱毛が終わったらすぐに冷たいタオルで肌全体を鎮静化するため脱毛した箇所を冷やしてくれます。

 

しかし脱毛を受けたその日は、まだ肌内部は熱を帯びています。ですから自宅に帰ってからも、積極的に肌のクールダウンに努めたほうがいいです。

 

脱毛器の光は、毛の根本である毛根に刺激を与える役割を担っています。脱毛中にピリッとした痛みを感じる事があると思います。

 

それだけ刺激が起きているという事なので、しっかりと冷却して肌を落ち着かせる事が重要です。

 

これをサボってしまうと、肌の乾燥をまねきトラブルにもなりかねません。

ゆっくりお風呂でポッカポカ・・・は厳禁!

お風呂の画像

脱毛当日はお風呂に入ることを避ける様にと注意を促されます。

 

これは脱毛をした事により、肌が熱を持っているのでお風呂に入ってしまうと、肌にこもった熱がさらに上昇して、かゆみや赤みが伴う原因となりかねない事が理由です。

 

また身体を洗う際には、どうしても肌表面をゴシゴシと洗ってしまいます。

 

脱毛した箇所は非常にデリケートとなっているので、擦ってしまう行為は良くありません。肌はとても敏感となっているので、毛穴からばい菌が入る可能性もあります。

 

なので極力、お風呂は控える事が良いでしょう。方によっては大丈夫そうだからと言って入ってしまう方もいますが、お勧めはできません。

 

脱毛後は肌が少しヒリヒリしたりと、何かしらの違和感が出ている場合があるのです。ですからお風呂には雑菌が沢山潜んでいますし、雑菌から肌を守る事が大切なのです。


ちょっとジムで運動も避けたほうがベター

運動する女性

脱毛した日はスポーツジムに行ったりして激しい運動をしたり、飲酒は控える様に注意されます。

 

これは肌が脱毛をして非常にデリケートになっいる事が原因です。激しい運動や飲酒というのは、結果的に肌を温めしてしまうのです。

 

すると炎症が起こり、肌は赤みやかゆみが出やすくなる可能性が非常に高くなります。なので脱毛同時は、身体を温める行為は避ける事が大切なのです。

 

血液の流れが促進されて代謝が良くなる事で、こうした危険性が高くなるのです。

 

すると脱毛した箇所が腫れてしまったりする危険性も高くなるのです。運動をすると汗をかくので、ばい菌が毛穴から入って炎症を起こし毛嚢炎となる恐れがあります。

 

毛嚢炎は腫れてしまうと痛みを伴いますし、ひどい場合は熱が出ることもあります。

 

とにかく上記のような肌に悪い影響を与える行為を避け、次回の施術を予定通りスムーズにできるように、しっかりとお肌をケアしておくことが大切です。


血行促進につながることは×

心臓のイメージアイテムを持つ女性

 

ところで、上記のお風呂と運動で共通事項があるのにお気づきでしょうか?

 

答えは血流です。

 

どちらも実行することで血流が増加し、体温はあがり、汗が出たり代謝が向上したりするんですね。身体がこれらの状態になることが脱毛後はNGなんです。

 

ただでさえ熱によるダメージを受けている肌の血行を促進させると、より炎症がひどくなったりほてりからの回復が遅くなったりします。

 

血行を促進させる意味では、辛いものや熱いものを食べるというのもよくありません。また、健康のためにサプリメントなどを常用されている方も注意が必要です。

 

たとえば生姜やにんにく、マカのサプリメントなどは血行促進などの効果があるので、脱毛後は服用を控えたほうがベターです。